30代会社員女性が原付バイクを運転中信号にて停車していたところ後方から衝突され首等を負傷し、頸椎・腰椎捻挫の診断名で後遺障害等級併合14級が認められ350万円の賠償を実現した事案

依頼者属性

性別 女性
年代 30代
職業 会社員
住まい/事故現場 横浜市

事故態様

自分 原付バイクで信号停車中
相手 後方より衝突
事故時の状況概要 停車中の依頼者の方の自動車に加害車両が後方から衝突
部位・症病名 首、腰/頸椎・腰椎捻挫
自覚症状 首・腰の痛み・痺れ
後遺障害等級 併合14級9号

保険会社提示額

費目名 金額
訴訟のため提示なし

獲得賠償金額

費目名 金額
合計 350万円
受傷から初回面談までの期間 1年
治療機関・機関 整形外科

事件概要

依頼者の方が信号待ちで停車していたところ、前方不注意の加害車両が後方から追突しました。その後治療を続け、頸椎・腰椎捻挫で後遺障害等級併合14級9号が認定されました。

相談のきっかけ

事故に遭い右肩が上がらないなど仕事が出来ない状況でいたところ、相手方損保会社代理人から休業補償・治療費の打ち切りを伝えられ、今後に困り当所を訪れそのまま受任となりました。

担当弁護士のポイント

本件は、単なる頸椎捻挫では考えられない症状が残存しており、主治医の見解では現状を説明できないため、当職の知り合いである医師の協力の下、専門医を訪ね原因を探っていくこととしました。数件目で依頼者の方の症状がいわゆるCRPSという診断を得て、すべて納得したのですが、自賠責の基準は満たさないため、裁判にて争っていく他ありませんでした。CRPSでは日本有数といえる大学病院での診察でCRPSであることは間違いないという診断を得てはいましたが、自賠責はもちろん裁判所は最終的にCRPSを認めませんでした。ただ、CRPSの症状が残存していることを考慮し、13級相当ともいえる休業補償や通院慰謝料を認めてくれ、更に調整金も上乗せした和解勧告を得ることが出来、単なる14級事案であれば、既払い金の多さから数十万円程度の賠償金となるところ、350万円の賠償金を獲得することが出来ました。依頼者の方もCRPSの治療により肩が動くようになり無事仕事も再開され、事故時よりも状況が改善しました。最後に依頼者の方から「何件も法律事務所を回り、先生にお任せして良かったです」とおっしゃっていただいたことが弁護士としても心に残っています。

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

人体図
  • 頭部・脳
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首
  • 肩
  • 脊髄、脊柱
  • 腕・肘・手
  • 腰
  • 骨盤~股関節~大股
  • 膝
  • 太ももから先
  • 高次脳機能障害など
  • 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 頚椎捻挫(外傷性頸部症候群)など
  • 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 腰椎圧迫骨折など
  • 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 後十字靭帯損傷、半月板損傷など
  • 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など

高次脳機能障害醜状障害過失割合

等級別1~9級10~13級14級非該当等級なし

事故状況別自動車バイク・原付き自転車歩行者

被害者性別女性男性

  • 当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

    人体図
    高次脳機能障害 醜状障害 過失割合

    等級別

    1~9級10~13級14級非該当等級なし

    事故状況別

    自動車バイク・原付き自転車歩行者

    被害者性別

    女性男性
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談


その他のサイト内閲覧上位ページ

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント
無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント