弁護士費用特約とは?加入していなくても弁護士依頼はできるのか?

弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約とは、交通事故に遭った後の示談交渉や調停・訴訟手続等について弁護士に委任するための費用を保険会社が負担する、という任意保険上の特約です。

 

これにより、契約者は、弁護士委任により生じる費用の負担、弁護士費用及び実費を免れることができます。

 

交通事故に遭うと、ただでさえ事故で大変な思いをしているのに、相手方保険会社との対応を強いられ、相手は専門的知識があるので、やり取りも相手会社主導で行われます。

治療の打ち切りなど、非常にストレスのかかるやり取りとなります。

弁護士費用特約があれば、費用面の負担だけではなく、そういった相手方保険外診療とのやり取りの煩わしさを回避でき、更に、専門的知識を持っている弁護士が交渉をするため、泣き寝入りや買いたたかれることがなくなります。

そういった意味では、弁護士費用特約は、交通事故の被害救済のための画期的な商品といえます。

残念なことに保険契約者本人が弁護士費用特約に加入していることを知らないケースや、弁護士に依頼するメリットがわからずに弁護士費用特約を積極的には利用しない、というケースが未だにあるのが現実です。

弁護士に依頼することで生じるマイナスは、その弁護士が交通事故に注力しているのであれば、費用面だけとなります。そ

の費用面を弁護士費用特約にて負担してもらえるのですから、1日でも早く弁護士を依頼しないと「損」だといえます。

弁護士に依頼するメリットがあるケースなのかについては、被害者ご本人にはなかなか判断がつきにくいように思います。

弁護士費用特約を用いる場合の注意点を以下で述べていきます。

1  賠償金が高くなる裁判所の基準が用いられ、賠償金の全額を受け取れる

弁護士を代理人とすることで、賠償金額は「裁判所の基準」となります。

この基準で交渉するには、弁護士を代理人とするほかありません。

その理由は、弁護士なしで裁判を遂行することは困難だからです。

例え、その能力を持っていたとしても、相手方保険会社は相手にしてくれません。

弁護士を代理人にすることで賠償金は上がる可能性が高くなります。

交通事故による損害賠償を請求する場合、たとえ弁護士を依頼したとしても、損害賠償の金額が大きく変わらないというケースもありますし、弁護士に依頼することでどこまで賠償額が増えたとしても、弁護士費用がかかってしまうことで、弁護士を依頼しないときと手取りが変わらないこともあるかもしれません。

そういったケースでも、弁護士費用特約があれば、この点を心配せずに弁護士に依頼することができます。

仮に、同じ賠償金額となっても(殆どありませんが)賠償金をそのまま受け取れますので、経済的な不利益はありません。

やるだけやったから仕方ないと後で後悔することもなくなるかと思います。

2 自分の気に入った弁護士に依頼することができる

弁護士費用特約を利用する場合に依頼する弁護士は、保険会社から紹介してもらったり、自分で捜して気に入った弁護士に依頼することもできます。

どのような弁護士が良いかは、人それぞれといえますので、弁護士費用特約には相談費用の負担枠も設定してありますので、その範囲内で気に入る先生が見つかるまで法律事務所を訪れることも出来ます。

是非「この弁護士なら結果がどうなろうと後悔はしない」という弁護士を見つけてください。

あえてアドバイスすれば、しっかりと専門的知識を有した交通事故に注力した弁護士を選ぶことは必須といえます。弁護士なら誰でも変わらないと言うことは決してありません。

症状固定前からしっかりと対応してくれる、相談時の知識・ノウハウのレベルが違うなど、交通事故に注力する弁護士とそうではない弁護士には大きな差があります。

3 弁護士費用特約の利用で保険料は上がらない

弁護士費用特約は、弁護士費用特約を利用しても、車両保険のように保険の等級は下がりません。

ですので、交通事故が起きたときのために弁護士費用特約をつけたのに、肝心な交通事故に遭ったときに弁護士費用特約を利用しないのは、保険料の無駄使いといえます。

 

4 弁護士費用特約は事故の調査費用にも使える

弁護士費用特約では、損害賠償請求するために必要な調査費用についても出ることが殆どです。

過失割合に争いがあると、保険会社は鑑定士に依頼して鑑定書を作成し、自分の主張が正しいことを主張してくることがあります。

鑑定は専門家の判断が必要となるため鑑定費用は10~30万円ほどかかりますので、費用がネックになって鑑定を依頼できないというケースもあります。

しかし、弁護士費用はこのような調査費用も支払い対象になるものがあり、弁護士費用特約により、少額な賠償額でも鑑定を行うことが容易になりました。

 

5 弁護士費用特約がなくても弁護士に依頼できます

弁護士費用特約がいかに交通事故被害者の方にとって優れた物であるかおわかりいただけたかと思います。

残念ながら、弁護士費用特約に入っていなかった場合、弁護士をつけることは出来ないのでしょうか。

結論から述べると、そんなことはありません。

費用面では、どうしても弁護士費用と実費がかかってしまいますが、その点を除けば弁護士に依頼した際のメリットはすべて享受することが出来ます。

多くの場合、交通事故に注力した弁護士に依頼することで、治療の打ち切りを防ぎ、それに伴い慰謝料対象期間が増え、先に述べた高い金額の支払われる裁判所の基準にて交渉することとなります。

結果、賠償金額はもちろん、手取金額が増えることが殆どです。

当事務所では弁護士費用特約がない方については、着手金を0円にして、すべての支払いは保険会社から損害賠償金を回収した後にしていただくことにしておりますので、「着手金の準備ができないから」という理由で弁護士への依頼を諦める必要はありません。

この制度は、交通事故で大変な思いをされている被害者の方に、更に金銭的な負担を負わせることは適切ではない、考えて導入しました。

弁護士費用特約があれば費用面での不安はなくなりますが、弁護士費用特約がなかったとしても、弁護士に依頼するメリットが大きいといえます。

その辺りは事案ごとに相違点もありますので、まずはお気軽に当事務所の初回無料相談をご利用ください。きっと得るものがあるはずです。

046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談


その他のサイト内閲覧上位ページ

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント
無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント