30代会社員が路肩から突然出てきた相手方車両に衝突され自らの車両が損傷され、当初は相手方保険会社が50対50を主張していたところ、90対10での示談に成功した事案。

依頼者属性

性別 男性
年代 30代
職業 会社員
住まい/事故現場 横須賀市

事故態様

自分 道路直進中
相手 路肩から前方及び右方を確認せず進行
事故時の状況概要 相手車両が衝突路肩より突然進行

保険会社提示額

費目名 金額
物損費用 15万円程度

獲得賠償金額

費目名 金額
物損費用 35万円

事件概要

依頼者が道路を直進中、路肩から前方及び右方を確認せず進行してきた相手方車両と衝突

相談のきっかけ

依頼者の方は自らの責任は殆どないにもかかわらず、相手方保険会社から過失割合を50対50と言われ納得がいかず当事務所に来所し、そのまま受任となりました。

担当弁護士のポイント

まずは刑事記録を取り寄せ、事故の詳しい状況を把握した結果、90対10の過失割合が適当だとわかりました。具体的論拠とともにそのことを相手方保険会社に主張したところ、こちらの言い分がそのまま認められました。物損故賠償金額自体は少額だったものの弁護士費用特約を付けていたおかげで金額を気にせず当職に依頼できたことが大幅な過失割合の変更につながった事案でした。

運営者情報

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、交通事故問被害にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。
弁護士紹介はこちら

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

人体図
  • 高次脳機能障害など
  • 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 頚椎捻挫(外傷性頸部症候群)など
  • 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 腰椎圧迫骨折など
  • 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 後十字靭帯損傷、半月板損傷など
  • 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談

無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談