50代女性主婦が主治医・相手方保険担当者から早期治療を打ち切りを言われ転院して治療を続け頚椎捻挫の診断名で95万円の賠償を実現した事例

依頼者属性

性別 女性
年代 50代
職業 主婦
住まい/事故現場 横須賀市

事故態様

自分 横断歩道を歩行中
相手 前方不注意で衝突

 

部位・症病名 頚部、頭部。頚椎捻挫、後頭部打撲傷
自覚症状 首の痛み

 

後遺障害等級 なし

 

獲得賠償金額

費目名 金額
通院慰謝料 約95万円

 

受傷から初回面談までの期間 2ヶ月
治療機関・機関 総合病院

 

事件概要

被害者の方が横断歩道を歩行中に加害車両が前方不注意により自己の車両を追突させ頸椎捻挫などの負傷をさせた事案

 

相談のきっかけ

保険会社担当者から治療の打ち切りを迫られ不安を感じ当事務所に来所されました。

 

担当弁護士のポイント

受任後すぐに相手保険会社担当者に連絡し、この時期で治療終了する意思がないことをはっきり伝え治療を継続することにしました。

 

一安心したところ、何を勘違いしたのか主治医が症状固定だと伝えてきました。事故の内容からして2ヶ月で症状固定などありえない事案だったため、信頼できる医師を紹介し治療を継続してもらいました。

 

以後も打ち切りを何度も保険会社は主張していましたが、新しい主治医の見解は継続すべきとのことでしたので、しっかりと治療してもらいました。その後示談交渉となり、症状が軽かったため別表Ⅱを基準としての交渉となりましたが、日割りで満額の金額にて示談となりました。

 

うちの事務所に来なければ、保険会社や主治医の意向で早期打ち切りとなり、現在のような症状にはならなかったと思われます。

運営者情報

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、交通事故問被害にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。
弁護士紹介はこちら

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

人体図
  • 高次脳機能障害など
  • 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 頚椎捻挫(外傷性頸部症候群)など
  • 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 腰椎圧迫骨折など
  • 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 後十字靭帯損傷、半月板損傷など
  • 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談

無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談