20代男性がバイクの自動車教習中、バイクを持ち上げる際に転倒し第5腰椎圧迫骨折の診断名で後遺障害等級11級7号が認められ相手方加入の損害保険からの提示を100万円以上を上げた事案

依頼者属性

性別 男性
年代 20代
職業 なし
住まい/事故現場 横須賀市

事故態様

自分 自動車教習所で教習中
事故時の状況概要 バイク教習中にバイクを起こす作業で転倒
部位・症病名 腰部/腰椎圧迫骨折
自覚症状 腰痛、下肢の痺れ、痛み
後遺障害等級 11級7号

保険会社提示額

費目名 金額
合計 160万円

獲得賠償金額

費目名 金額
合計 260万円
受傷から初回面談までの期間 1年
治療機関・機関 整形外科

事件概要

依頼者の方が自動車学校にてバイクの教習中、バイクを引き起こす教習中にバイクごと転倒して腰を負傷。

相談のきっかけ

依頼者の方は、自動車教習所が加入していた保険会社から保険金提案を受け、金額が少ないのではないかと考え、当事務所にいらっしゃり、そのまま受任となりました。

担当弁護士のポイント

通常の交通事故とと異なり、自動車教習所が加入している保険会社の認める項目のみでの交渉となりました。

もちろん訴訟を提起すれば通常の項目での賠償請求ができるのですが、転倒は依頼者の方にも帰責性があるため過失割合の話が出てきてしまうこと、訴訟では時間がかかることから交渉での解決を目指すことになりました。

相手保険会社との交渉を開始し、数字を動かせるのは逸失利益だけということがわかりました。

主治医の方が後遺障害診断書に症状なしと書いてしまったため、逸失利益が0円となっていました。

そこで依頼者の方から現状を丁寧に聞き取りし、類似の判例を丁寧に調査し、意見書を相手保険会社に提出しました。

 

相手はすぐに逸失利益を認め、金額としては多少時間を要しましたが結局当初より100万円金額を上げての決着となりました。弁護士にご依頼いただき、当事務所を選んでいただいたのですから、結果を出そうと時間をかけて作成した意見書により結果を変えることが出来ました。

運営者情報

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、交通事故問被害にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。
弁護士紹介はこちら

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

人体図
  • 高次脳機能障害など
  • 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 頚椎捻挫(外傷性頸部症候群)など
  • 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 腰椎圧迫骨折など
  • 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 後十字靭帯損傷、半月板損傷など
  • 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談

無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談