交通事故に遭ったが痛みがない場合の対応

交通事故遭ったものの、さして痛みを感じない場合どう対応すべきかについてお話させていただきます。

 

というのは、事前にこの知識がないと、実際に交通事故に遭った際大変な思いをすることがあるのです。

 

そうならないためにも、もしかするとすでにそういった状況にある方が更につらい思いをしないためにも説明していきたいと思います。 

1 事故直後の痛み

これはよくあることなのですが交通事故直後は興奮してアドレナリンが大量に分泌されるため痛みを感じないことがよくあります。

 

また、怪我によっては何日か経ってから痛みや痺れが発症することもあります。 

 

「なんだ、だったら痛みや痺れが出てから行けばよいじゃないか」

 

と思うかもしれませんが、それが落とし穴なのです。

2 相手方保険会社の対応

交通事故から期間が経過した後病院に行っても、

 

「事故とは関係ない怪我なので治療費は支払いしません。当然慰謝料も支払いません。」

と言われてしまうのです。

 

その期間は一週間空いてしまっていると非常に危ないと思います。

 

早く治療に行くことに越したことはありません。

3 後遺障害

また、治療後後遺障害が残存してしまったため、後遺障害認定を受けようとしても、時間が経ってから初診だったことを理由に後遺障害非該当となることもあります。

 

自賠責が自己による怪我と考えていないということですから、自賠責による治療費などの支払いも受けられないおそれもあります。

4 対応策

痛くなくても、体が大丈夫であることを確認するために病院にすぐに行きましょう。

 

その時、どういった事故で、どういう外傷があるかを医師にしっかり説明すれば、信頼できる医師であれば、想定される検査、例えば、頭部や内臓のCTやレントゲンを行ってくれます。そういった検査で後日生じるかもしれない重大な怪我があるかどうかがわかります。

 

また、傷や事故態様をカルテに残しておいてもらえば、後日生じた痛みや痺れを無理なく証明できる可能性もあるのです。

 

「事故直後には必ず病院へ行く」

 

このことをしっかり覚えておいてください。

 

また、もしもう事故に遭っていて期間が経過してしまっているならすぐに病院へ行きましょう。その際、健康保険を利用できるとなおよいと思います。

 

以上交通事故直後に痛みが生じないケースについて述べてきました。

 

何かの参考になれば幸いです。

 

いずれにしても、ご自身だけで交通事故について、すべて判断していくのは困難かつ煩雑でしょうから、まずは交通事故に注力する弁護士に相談することをお勧めします。

 

当事務所の初回無料相談をご利用ください。

運営者情報

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、交通事故問被害にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。
弁護士紹介はこちら
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談

無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談