保険会社の示談案の金額が低すぎる場合

保険会社から提示された金額が思っていたものとは大分違う・・・

そんなお悩みを持って相談にいらっしゃる方が多くいます。

保険会社も企業であり、営利を追求する団体ですので、最初から満足するような金額を提示してはくれません。

 

そして、交通事故の賠償金の計算には3つの基準があります。

どの基準で算定するかによって金額が大きく異なります。

 交通事故の賠償金の3つの基準

自賠責保険基準

任意保険基準

裁判所基準

3つの基準があり、この中で最も高いのが裁判所基準です。

そして、任意保険基準と自賠責基準は裁判所基準と比べるとかなり低額になっています。

 

裁判所基準があることを知ったからといって、保険会社は裁判所基準にはしてくれません。

あくまでも裁判を避けられないような状況になり、やむを得ず裁判所基準を採用するのです。

そして、裁判所基準にするには弁護士に依頼する他ありません。

弁護士に依頼してはじめて裁判を遂行できる状況となるからです。

 

さらに、交通事故に注力する弁護士に依頼すれば、数多くの事案を扱っており、単に裁判所基準を採用させるだけではなく、個別の計算においても金額を上げていくよう交渉します。

交渉のプロである弁護士が、更に交通事故に注力していれば鬼に金棒といえるでしょう。

 

また、交通事故に遭った当初は優しかった相手保険会社担当者も示談が近づくにつれて態度は厳しいものとなります。

彼らも会社から、早く、なるべく定額での解決を求められており、ネット全盛の現代においては、被害者の方が弁護士に依頼してしまう可能性があるため、尚更必死です。

弁護士に依頼してしまえば、そういった交渉もすべて以後弁護士が行うため、ご自身は弁護士との打ち合わせだけをすればよいことになります。

実は、相手保険会社担当者とのやり取りに疲れ果てて、当事務所にいらっしゃりそのまま依頼される方が多くいらっしゃいます。

 保険会社から提示された金額に納得できない際には弁護士へ相談を

相手保険会社から提示された示談金に納得が出来ないのであれば、すぐに弁護士へ相談しましょう。

交通事故に注力する弁護士であれば、その場ですぐに見通しを出してくれます。

依頼すればどうなるのか、このまま自分で交渉すればどうなるのか、示してくれます。

もし、曖昧なことしか言ってもらえないのであれば、その弁護士は交通事故に詳しくない可能性が高いです。

 

交通事故の示談金の低さでお困りでしたら、是非当事務所の初回無料相談をご利用ください。

明確に見通しを示させていただき、更に、その他事項についてもしっかりとアドバイスさせていただきます。

運営者情報

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、交通事故問被害にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。
弁護士紹介はこちら
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談

無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談