交通事故の脳外傷による後遺障害を弁護士に依頼するメリット

早期に弁護士へ依頼するメリット①

今まで述べてきた遷延性意識障害や高次脳機能障害ですが、事故直後の数か月間の初動対応が適切な賠償金を獲得する決め手となる場合が多々あります

最初の病院では意識レベルなど、その後の転院先病院の主治医、ソーシャルワーカーや介護士の方などに確認しておきたいことやカルテ等に残していただきたいものがあります。事故直後に行うからこそ意味を有する検査もあります。

また、交通事故により遷延性意識障害や重度の高次脳機能障害が生じてしまった場合、受傷直後、被害者の方の容態は生命の危険に晒されることがほとんどです。ご家族の方々は、日々不安の中で過ごすこととなります。

① それまでに行われた手術
② 現在の状況
③ 回復の見通し
④ 今後の治療やリスク
など多々あります。

しかし、主治医の先生にはなかなか聞きづらいというのが現状ではないでしょうか

 

このように、遷延性意識障害と高次脳機能障害に正面から取り組む弁護士に相談しておくことで、主治医の先生に加え弁護士からも2方向からの助言をもらうことで不安の軽減や、将来の賠償金請求において有益な証拠が得られる可能性が高まります。

 

 

早期に弁護士へ依頼するメリット②

被害者ご本人が、事故により生命の危険に晒される中で、ご家族は看病やお仕事をするのが精一杯であり、更に保険会社の相手をし、適切な賠償金を得るために必要な行動をすることは不可能ではないでしょうか

① 治療費の支払方法の決定
② 症状固定の時期
③ 必要な検査を受けるタイミング
④ 医師以外が作成する後遺障害申請に必要な書類の作成

など、病院だけでは解決しない問題が次から次へとやってきます。

そのような問題に的確に対処していくためには、専門家弁護士の、もっと言えば専門性のある弁護士のサポートが必要です。そのことが将来の適正な賠償金獲得に資することとなり、将来の生活に関するお金の不安も解消される可能性が高まります

脳神経外科医の当たり外れ大きく、また、被害者の詳しい症状を知ろうともせずにいたずらに治療を続けた結果診断書を書きようがないという場合も非常に多くあります。

 

そこで、当事務所では、高次脳機能障害に関する医師の書類作成については直接医師の方と面談し信頼関係を構築し、必要な記載事項をお伝えしていくなどして、過不足のない後遺症診断書を作成してもらうよう尽力していきます。

 

頭部外傷における相談は何回でも無料

また、当事務所では、通常初回30分のみ無料のところ、遷延性意識障害や高次脳機能障害を負われた被害者とご家族に限り、相談は何回でも無料とさせていただいております。

 

ご依頼先が決まるまででも構いませんので当事務所を相談先としてぜひご利用ください。

 

 

出張相談も承ります

当事務所では、遷延性意識障害や高次脳機能障害を負われた被害者の方とご家族の負担を軽減すべく、ご入院先病院やご自宅への出張相談も承っております

 

特に、遷延性意識障害については主治医の方と早期にコミュニケーションを取り、今後の見通しを立てるため病院へ伺うことは重要となります。また、高次脳機能障害を負われた方のご家族と早期にお会いすることで、ご自宅の状況や介護の程度を把握し、自宅改造の必要性などを判断するために、ご自宅への訪問も非常に重要です。

 

この出張相談を積極的にご利用になり、早期に専門の弁護士へのご相談をなさって下さい。公共交通機関が近くまで整備されていない地域でも自動車にてお伺いいたしますので遠慮なくご用命ください。当然相談料・実費は生じません

 

特別報酬減額制度について 

当事務所では、重大な事故被害に遭われた方については、報酬減額制度を設けております。

 
重大な事故被害に遭われた方の場合、弁護士へ早期にご相談・ご依頼されればされるほど、結果が良くなることがほとんどである一方、他方、事故後相当期間経過後、極端に言えば症状固定後に初めて弁護士へのご相談・ご依頼をした場合とではなしうることに大きな差が生まれ、結果も相当な差が生じることとなります。要は、重い事故であればあるほど、早期のご相談・ご依頼が結果を左右するということが言えます

その症状の重さから、将来を左右するといっても過言ではありません。

 

そこで、特に重大な事故被害に遭われた方々のご相談・ご依頼への障壁を取り除けるよう経済的負担の軽減により、より一層早期のご相談・ご依頼をしていただければと考えて特別報酬減額制度を設けさせていただきました。。

 

法律相談料     何度でも無料

着手金        無料

報酬金(消費税別) 獲得金額の8%(当事務所の定価は獲得金額の10パーセント+20万円となっております)

 

 
※特に重大な事故被害とは

遷延性意識障害、脊髄損傷、脳挫傷・急性硬膜下血腫・外傷性くも膜下出血・び漫性軸索損傷等による高次脳機能障害(5級以上)、手足切断、失明、不全損傷の被害の場合

 

※死亡事故、既に後遺障害等級1~10級が認定されている被害者の皆様

上記についても特別報酬減額制度を設けております。

 

法律相談料     何度でも無料

着手金        無料

報酬金(消費税別) 獲得金額の8%

 
保険会社からの提示が既にある場合は、提示額から増額した分の20%

※実費は別途発生します。実費とは、交通費、通信費、訴訟費用(印紙代など)、その他資料の取り寄せに要する費用等です。

※獲得金額の8%の報酬金については、訴訟に移行した場合9%となります。

 

脳外傷に正面から取り組む弁護士の必要性

遷延性意識障害の場合、事故から一定期間被害者の方は生命の危機に晒されます。そして、相手保険会社は、遷延性意識障害は余命が少なくなる等と言い介護費用を減額を主張することすらあります。それに対する対抗策として、生命に別条がないことを主治医と確認しておくことが重要となります

 

また、重度の高次脳機能障害により、介護の必要性について、なかなか相手保険会社が認めようとはしません。その際、介護の要否、必要だとしてどのような介護が、どのような程度で必要なのか、そして必要な期間はいつまで続くのかなどについて、主治医から意見を得ておく必要があります

 

フルバリアフリーなど自宅改造する場合にも、相手保険会社が改造費用をなかなか払おうとしません。そうした場合、介護計画書に、自宅改造の必要性をしっかりと具体的に記載してもらう必要があります。

 

他にも、通院する病院の選定や家族の方に生じる困難への対処や将来の治療費や介護費をねん出するための適切な賠償金の獲得など、当事務所だからできることが多々あります。

 

他方で、軽度の高次脳機能障害においても、主治医が高次脳機能障害はないという誤った診断がなされる場合もあるため注意が必要です

 

また、被害者の方は、一見して日常生活には困らない程度の能力を持っており、何も気づかずに時間だけが進行し、結局誰も高次脳機能障害の存在に気付かず等級の評価が低くなる、もっといえば後遺障害等級がつかなくなってしまう危険があります

 

そのようなことがないように脳のダメージや意識障害の程度について証拠を残しておく必要があります。これらの問題を乗り越えるには、専門性を持つ弁護士の力がなくてはなりません

 

 

被害者団体への紹介

遷延性意識障害や高次脳機能障害など頭部外傷を負われた被害者の方やそのご家族の心労は途方もないものであることを理解しております

日々生じる悩みを共有し、解決していく場として家族会などの団体を紹介させて頂くこともございます。もちろん参加は被害者の方及びご家族の方の意思によりますが参加することで得ることもあるのではないでしょうか。

そういったことがきっかけとなり、ご依頼者様とその家族のお力になれればと考えております

 

被害者団体を運営される方々の中には、ご家族が脳外傷による後遺障害を負われた方も多く、本当に親身になって、被害者の方やご家族の相談に乗りってくださり、悩みを共有してくださる方が多々いらっしゃいます。

 

このように、被害者やご家族の方々には、損害賠償の問題についてだけでなく、精神的サポートも必要でとなり、専門性を有する弁護士に依頼するメリットが多々あると考えております。

 

046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談


その他のサイト内閲覧上位ページ

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント
無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント