交通事故の示談交渉|保険会社との交渉を弁護士に任せるべき理由

 交通事故に遭うと、間もなく治療が開始され、当初は保険会社担当者も親切に接してくれます。

しかし、時間を追うごとに対応が変化し、いつまで治療するのか、いくら示談するのか、についてはかなり強硬な態度を取る担当者も多くいます。

ここでは、そのうちの示談交渉について説明していきます。

示談交渉が成立しない限り、最終的な賠償金が支払ってもらえなくなります。

通常であれば、慰謝料がその金額のほとんどを占めるため、示談なしには僅かなお金しか手にできないことになります。

 保険会社との交渉の流れ

基本的には保険会社担当者を相手に交渉していくことになります。

示談交渉でもめたり、治療期間が長引いたりすると、加害者側が弁護士を立ててくる可能性があります。

その場合、交渉相手が弁護士となります。

プロである弁護士相手に適正な示談金を受け取るには、こちらも弁護士を立てて示談交渉をしていくことをおすすめします。

交通事故の示談交渉は自分でできるのか

被害者自身で示談交渉をすることもできます。

しかし、専門家である弁護士に依頼したほうが好ましいと言えます。

その理由を見ていきましょう。

 保険会社との交渉を弁護士に依頼すべき理由

相手方保険会社の主張が正しいか判断できない

提示された示談金が適切か判断するには、算定基準や相場を知っておく必要があります。しかし、慰謝料などの計算方法は複雑なため、被害者自身がすべて理解するのは難しいといえます。

交通事故における慰謝料の基準や相場などについては、こちらもあわせてお読みください>>

 

感情的になり、冷静に対応できない

被害者自身で示談交渉すると、感情的になり、一方的に主張をぶつけてしまいがちです。また、相手方保険会社からクレーマーとみなされ、早々に弁護士を立てられる可能性があります。

 

示談交渉でもめる理由やトラブルが起きやすいケース

相手方保険会社ともめやすいケースについて、以下で確認しておきましょう。

示談金額や過失割合でもめる

相手方保険会社は、任意保険基準で計算した低額な慰謝料を提示してくるのが一般的です。また、被害者自身で増額交渉しても、応じてくれることはほぼありません。 また、示談金額を左右する過失割合でもめることも多いです。

過失割合に納得がいかない方へ>>

保険会社の示談案の金額が低すぎる場合>>

通院・治療についてもめる

交通事故の示談交渉では、「怪我の治療の必要性」が争点になり得ます。治療が適切ではないと判断されると、相手方保険会社に治療費や通院交通費、慰謝料などの支払いを拒否される可能性があります。

治療費を打ち切ると言われたり、保険会社の対応にお悩みの方へ

加害者や保険会社の対応が悪い

示談交渉では、加害者や相手方保険会社が不誠実な態度をとってくることがあります。また、相手方保険会社が、示談交渉を有利に進めるために心無い対応をしてくる場合があります。例えば、専門用語を並べて高圧的な態度をとったり、被害者の主張を聞き入れなかったりすることが挙げられます。

 以上のような事案では、弁護士に依頼して交渉を任せる方が無難と言えます。

 保険会社との交渉を自分で進める前に弁護士に相談を

以上交通事故の示談交渉について述べてきました。

上でも述べたとおり、専門的な知識を基に保険会社担当者を説得していく必要があります。弁護士に依頼して任せてしまうことが成功への一番の近道と言えます。

弁護士が付けば、通常の事案であれば、然したる障害もなく淡々と示談交渉が行われ、適切な賠償金を早期に獲得して終了なるのが殆どです。

将来の示談交渉に不安があったり、既に示談交渉をしているものの金額に納得いかないなど交渉がうまくいっていないなら、是非当事務所の初回無料相談をご利用ください。

どうやったら交渉がうまくいくかしっかりとアドバイスさせていただきます。

 

運営者情報

島武広
島武広島法律事務所 代表弁護士(神奈川県弁護士会所属)
当サイトでは、交通事故問被害にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。
弁護士紹介はこちら
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談

無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談