60代男性が車道を横断中加害車両に衝突し、胸椎圧迫骨折、外傷性くも膜下出血等の診断名で整形外科と脳神経外科を併用し後遺障害等級8級-11級7号が認められ600万円の賠償を実現した事例

依頼者属性

性別 男性
年代 60代
職業 会社員
住まい/事故現場 横須賀市/東京都

事故態様

自分 車道を反対側に横断中
相手 自動車にて直進
事故時の状況概要 被害者の方の発見が遅れた加害車両と衝突

 

部位・症病名 脊椎・胸部/胸部圧迫骨折
自覚症状 痺れ、痛み

 

後遺障害等級 8級-11級7号

 

保険会社提示額

提示なし

 

獲得賠償金額

費目名 金額
総額 600万円

 

受傷から初回面談までの期間 2ヶ月
治療機関・機関 整形外科・脳神経外科

事件概要

ご家族の車に乗車中、反対車線のコンビニに行こうとして車道を横断したところ、加害車両に衝突して胸椎圧迫骨折等の怪我を負った事案

相談のきっかけ

大けがを負ったご主人の言語を心配した奥様が当事務所を訪れ、そのまま受任となりました。

担当弁護士のポイント

依頼者の方は大きな怪我を負ったため、治療を最優先して頂くと共に、保険会社との連絡を密に取っていくこととしました。

怪我の重さからか依頼者の方は退院後病院通いが億劫となり、通院回数が余りありませんでしたが、保険会社の担当者を状況を伝え通常の治療期間を認めてもらいました。

その後後遺障害等級申請をしたところ、8級は良い結果だったのですが、既存障害として11級7号を差し引くという結果となりました。

寝耳に水の話であり異議申立てを当然検討しましたが、依頼者の方の抜き差しならない事情からやむを得ず、この等級を受け入れ早期解決を目指していくこととなりました。

幸い相手方保険会社担当者の方とは何度も交渉をしていたこともありこちらの事情を伝え、想定以上の金額を早期に引き出すことが出来ました。

 

こちらに相応の過失割合がある事案であり、裁判所などでしっかりと話を詰めていくとこの金額にいくかは微妙だったため、弁護士としてはかなり良い解決が出来たと考えています。依頼者の方も当初の予定ラインを超えたので非常に喜んで下さりました。何を得て何を我慢するかの判断と相手方保険会社担当者の方との信頼関係のようなものが本案解決の大きなポイントでした。

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

人体図
  • 頭部・脳
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首
  • 肩
  • 脊髄、脊柱
  • 腕・肘・手
  • 腰
  • 骨盤~股関節~大股
  • 膝
  • 太ももから先
  • 高次脳機能障害など
  • 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 頚椎捻挫(外傷性頸部症候群)など
  • 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 腰椎圧迫骨折など
  • 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 後十字靭帯損傷、半月板損傷など
  • 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など

高次脳機能障害醜状障害過失割合

等級別1~9級10~13級14級非該当等級なし

事故状況別自動車バイク・原付き自転車歩行者

被害者性別女性男性

  • 当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

    人体図
    高次脳機能障害 醜状障害 過失割合

    等級別

    1~9級10~13級14級非該当等級なし

    事故状況別

    自動車バイク・原付き自転車歩行者

    被害者性別

    女性男性
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談


その他のサイト内閲覧上位ページ

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント
無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント