40代会社員女性が下り坂を歩行中後方から走行してきた自動車が衝突し右肘を負傷し瘢痕が残り55万円の賠償金を訴訟にて実現した事案

依頼者属性

性別 女性
年代 40代
職業 会社員
住まい/事故現場 横浜市

事故態様

自分 下り坂を歩行中
相手 下り坂をスピードを出して走行
事故時の状況概要 加害者が被害者をよけ切れず接触して被害者が転倒し受傷

 

部位・症病名 右肘・右肘関節部瘢痕
自覚症状 右肘こわばりと瘢痕

 

後遺障害等級 非該当

 

獲得賠償金額

費目名 金額
治療費 8000円
通院交通費 1000円
通院慰謝料 450000円
物損・家事代行日 20000円
調整金 71000円

 

受傷から初回面談までの期間 2年
治療機関・機関 整形外科、皮膚科

 

事件概要

被害者が下り坂の端を歩行していたところ、加害車両が後ろからスピードを出して走行してきたため、加害者をよけきれず接触転倒し右肘を負傷し右肘関節部に瘢痕が残った事案、

 

相談のきっかけ

被害者の方が最初は自分で保険会社と対応していたものの、保険会社が賠償義務を認めず支払い済みの一部治療費しか支払わない、仮に支払うとしても過失相殺により従前支払った治療費のみで支払い済みのはずと主張し慰謝料等の支払いを拒否したため、当事務所に来所して受任することとなりました。 

 

担当弁護士のポイント

相手保険会社の対応は弁護士介入後もまったく変わらず類を見ないひどいものでした。金額としては高額とはならないことはわかっていましたが訴訟をすることとしました。

 

相手保険会社代理人は、訴訟においても示談交渉と同様の主張をしてきました。そこで、現場に赴き、詳細な現場検証するとともに写真撮影をして裁判官に加害者のみに過失が存することを理解してもらうよう努めました。

 

その結果、通院慰謝料以外はすべてこちらの主張の金額を認めてもらうことに成功しました。また、通院慰謝料についても皮膚科中心の受診だったため通院回数が少なかったのですが、通常の通院回数を基準とする計算よりも高い金額となった上、更に賠償金を7万円程度上乗せしてもらうことに成功しました。

 

交通事故で苦しんでいらっしゃる方のため、少額でも訴訟提起し全力で取り組んだことがそれなりの結果を得ることが出来た原因だと思います。

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

人体図
  • 頭部・脳
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首
  • 肩
  • 脊髄、脊柱
  • 腕・肘・手
  • 腰
  • 骨盤~股関節~大股
  • 膝
  • 太ももから先
  • 高次脳機能障害など
  • 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 頚椎捻挫(外傷性頸部症候群)など
  • 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 腰椎圧迫骨折など
  • 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 後十字靭帯損傷、半月板損傷など
  • 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など

高次脳機能障害醜状障害過失割合

等級別1~9級10~13級14級非該当等級なし

事故状況別自動車バイク・原付き自転車歩行者

被害者性別女性男性

  • 当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

    人体図
    高次脳機能障害 醜状障害 過失割合

    等級別

    1~9級10~13級14級非該当等級なし

    事故状況別

    自動車バイク・原付き自転車歩行者

    被害者性別

    女性男性
046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談


関連ページ

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント
無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント

 

執筆者:

島法律事務所 代表弁護士    島武広

(神奈川県弁護士会所属)

 

当サイトでは、交通事故問被害にまつわるお悩みに対して、弁護士の視点で解説をしています。また、当事務所にて携わった事案のポイントも定期的に更新しています。地元横須賀で、「迅速な解決」を大切に代理人として事件の解決に向けて取り組んでいます。

 

初回相談は無料でお受けしておりますので、お悩みの方は、お一人で抱え込まず、ぜひ一度専門家にご相談ください。

当サイトに初めてアクセスされた方はこちら