交通事故とドライブレコーダー

少し前まで、交通事故と言えば事故後に警察が駆けつけて作成する実況見分調書がどのような事故かを決める唯一の証拠でした。

運良く目撃者がいても、その証言が民事において即採用されるかは微妙でした。
被害者の方が重傷を負う事故であれば、訴追の可能性があるので警察が進んで調べて証拠に残してくれますが、交通事故のほとんどをしめる「むちうち」案件などでは、警察がなかなか人身事故扱いにしてくれず、結果何も資料がないということが多くありました。

そんな交通事故を変えつつあるのが、ドライブレコーダーです。

社会的問題になったあおり運転事件など、ドライブレコーダーがあることで刑事事件として立件されるだけでなく、民事の賠償交渉においても重要な役割を果たしつつあります。

過失割合決定時の活躍

過失割合については、長年の裁判等の蓄積により、どのような場合にどういった過失割合が採用されるかはほぼ決まっています。その点は殆ど問題にならないのです。

ただ、実際の事故が「どのような状況だったか」という事実の確定がなかなか決まらないのです。

中には証拠がないことを見越して無茶な過失を主張することが、タクシー会社などであったりします。

そんなときにドライブレコーダーの画像があれば、どのような状況だったか客観的な証拠が存することとなり、無用な争いを封じることが出来るのです。

2万円程度で高性能なものを付けられるようになっています。

万が一、事故が起きた際、2万円というのは事実さえしっかりと確定できれば、簡単に回収できる金額です。
是非これを機にドライブレコーダー設置をご検討されてはいかがでしょうか。

046-884-9384 受付時間 00:00〜00:000

ご相談の流れはこちらメール受付LINE@への相談


その他のサイト内閲覧上位ページ

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント
無料相談のご予約

メール受付 LINE@への相談

解決事例 弁護士紹介
弁護士費用 事務所紹介
交通事故問題解決のポイント